◆第7回「ものづくり日本大賞」の募集が始まりました!

経済産業省では昨年に引き続き「ものづくり日本大賞」の表彰を行います。以下、経産省のサイトからの引用です。

ものづくり日本大賞は、日本の産業・文化の発展を支え、豊かな国民生活の形成に大きく貢献してきたものづくりを着実に継承し、さらに発展させていくため、製造・生産現場の中核を担っている中堅人材や、伝統的・文化的な「技」を支えてきた熟練人材、今後を担う若年人材など、ものづくりの第一線で活躍する各世代のうち、特に優秀と認められる方々を顕彰する制度です。
特に、昨今我が国製造業が直面している様々な事業環境の変化に柔軟に対応し、新たな付加価値を提供する人材にスポットライトを当て、広く発信していくことを目的としています。それによって、ものづくりに携わる全ての方々の意欲向上、ひいては我が国製造業が今後も力強く成長していくための原動力となることを期待するものです。
具体的には、下記(1)~(4)の4分野において、特に優れた成果をなしえた個人、グループ等を表彰します。
(1)産業・社会を支えるものづくり
   1.製造・生産プロセス部門/2.製品・技術開発部門/3.伝統技術の応用部門/
   4.「ものづくり+(プラス)企業」部門
(2)文化を支えるものづくり
(3)ものづくりを支える高度な技能
   ものづくりの現場を支える 高度な技能部門
(4)ものづくりの将来を担う高度な技術・技能
   1.一般部門(就業者)/2.青少年部門(学生)/3.人材育成支援部門
表彰の対象となる4つの分野のうち、「(1)産業・社会を支えるものづくり」及び「(4)ものづくりの将来を担う高度な技術・技能」のうち「3.人材育成支援部門」について受賞候補者の募集を行います。
※応募は候補者本人が行うのではなく、推薦者が2名の賛同者を得て、申請してください。
 候補者本人による申請は認められません。
 応募締め切りは12月18日(日)必着です。

募集の詳細は以下の表彰制度のWebサイトをご参照ください。
http://www.monodzukuri.meti.go.jp/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA